BEAUTY TIPS
2015.09.24

夏のお手入れ

といえば、まず気になるのが紫外線。

夏の肌は汗や皮脂の量が多いので、潤っていると勘違いして保湿ケアを怠りがちになりまが、実際は、エアコンや紫外線で、肌は乾燥しやすく、ご自身が感じられる以上に水分不足を引き起こしています。

脂っぽいのに乾燥していると感じられる方は、紫外線や乾燥から肌を守ろうとして角質層が厚くなっており、余計に水分浸透を邪魔して肌を乾燥させてしまっているのです。

紫外線に負けない夏の美肌をつくるため、そして、乾燥する秋冬に向けた健やかな肌作りのためには「正しい洗顔と保湿」が必要です。

暑さで新陳代謝が高まるこの時期の保湿ケアが、秋冬のお肌に差をつけるのです。

夏のお手入れポイント

◎春に引き続き、紫外線対策
◎乾燥期でないからといって、保湿ケアを怠らない
◎正しい洗顔で不要な角質を除去する

スコラゲンを使ったお手入れ方法

ビー・エス ソープ による2~3度の洗顔で汗や汚れ、古い角質をしっかり落とした後、たっぷりの スコラゲン と エー・エム アフィックス で潤い補給を忘れずに。そして、 エアコンによる、乾燥、冷えから身を守りましょう。

この時期、小麦粉パック がオススメです。

紫外線対策として、UVカット乳液 スコラゲンエフェ を毎朝塗布してください。